2007年2月号

競争の戦略:5つの要因が競争を支配する

【1979年度マッキンゼー賞受賞論文】最も有利なポジショニングに向けて

マイケル・E・ポーター :ハーバード・ビジネススクール 教授

マイケル・E・ポーター

ハーバード・ビジネススクール 教授

ポーターは、産業経済学の論理を競争戦略に応用し、産業構造を分析するフレームワークを提示した。本稿を第1章とする『競争の戦略』は1980年に上梓され、戦略論の世界に新風を巻き起こすことになる。ポーターは、産業内の競争を支配する5つの要因を明らかにし、自社に有利に働き、競争を支配しうるポジショニングを見出すことが競争戦略の要諦であると説く。現在、このポジショニングのアプローチの限界も指摘されているが、この考え方はいまなお、競争戦略の基本である。

マイケル・E・ポーターハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:14ページ[約1,016KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない