2019年9月号

挑戦する組織に向けて「楽しく働く人」を増やす

[インタビュー]カルビーが目指す全員活躍の道

武田 雅子 :カルビー 常務執行役員 人事総務本部長

武田 雅子

カルビー 常務執行役員 人事総務本部長

1968年東京生まれ。1989年にクレディセゾン入社。全国のセゾンカウンターで店舗責任者を経験後、営業推進部トレーニング課にて現場の教育指導を手掛ける。その後戦略人事部にて人材開発などを担当し、2014年人事担当取締役に就任。2016年には営業推進事業部トップとして大幅な組織改革を推進。2018年5月カルビーに転職、翌年4月より常務執行役員。全員が活躍する組織の実現に向けて、人事制度改定など施策を推進中。

カルビー常務執行役員 人事総務本部長として、同社の「2030年ビジョン」で掲げるグローバル化と新規事業推進の屋台骨を担う武田雅子氏。これまでの人生は必ずしも順風満帆だったわけではない。前職時代の30代半ば、広い職掌範囲を任されたタイミングで、がんが発覚。人生を左右しうる出来事が同時に降りかかった。そうした経験を経て、「楽しく働く人を増やす」という信念を強め、「価値創造に向けた挑戦ができる」組織づくりに邁進する武田氏に、セルフマネジメントの秘訣から最近の取り組みまでを聞いた。

武田 雅子カルビー 常務執行役員 人事総務本部長

PDF論文:10ページ[約2,178KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない