2019年9月号

時間が生む幸福感をお金に換算する

統計が示す意外な価値

アシュレー・ウィランズ

アシュレー・ウィランズ

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

ヒット映画『ジュノ』などに出演した後、人々を楽しませる女優業から幸せの源泉を探る研究者へと転じ、現在はハーバード・ビジネス・スクール助教授。時間の使い方、幸福、お金の複雑な関係を研究テーマとし、『ニューヨーク・タイムズ』紙など主要メディアから注目されている。

ハンネ・コリンズ

ハンネ・コリンズ

ハーバード・ビジネス・スクール リサーチアソシエート

時間とそれが生み出す幸福感を、金額で定量化する調査を積み重ねた。これにより、時間とお金の二者択一でお金を諦めるのは損失ではないと、理解してもらえる。すなわち、時間を効果的に使うと、世帯年収が増加した場合と同じように幸福感が増す。その方法と、幸福感の金額化を示していこう。

アシュレー・ウィランズハーバード・ビジネス・スクール 助教授

ハンネ・コリンズハーバード・ビジネス・スクール リサーチアソシエート

PDF論文:5ページ[約346KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない