2007年3月号

アグリーメント・マトリックス

合意度に基づいて変革手法を見極めるツール

クレイトン・M・クリステンセン

クレイトン・M・クリステンセン

ハーバード・ビジネススクール 教授

マシュー・マークス

マシュー・マークス

ハーバード・ビジネススクール 博士課程

ハワード・H・スチーブンソン

ハワード・H・スチーブンソン

ハーバード・ビジネススクール 教授

企業変革はトップ・ダウンのプロジェクトとはいえ、社員の協力が得られなければ成功しない。目的と実現手法について社員たちの「合意度」を把握し、状況にふさわしい手法を選択することが肝要だ。本稿では、「アグリーメント・マトリックス」という合意度を把握するツールとそれに基づく四つの変革アプローチについて解説する。

クレイトン・M・クリステンセンハーバード・ビジネススクール 教授

マシュー・マークスハーバード・ビジネススクール 博士課程

ハワード・H・スチーブンソンハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:13ページ[約1,664KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない