2007年3月号

勇気の計算

「勇気ある行動」はスキルである

キャスリーン・K・リアドン :南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授

キャスリーン・K・リアドン

南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授

不正行為の内部告発、反社会的な営利行為への反対、社の社会的信用を損ないかねないプロジェクトへの参加拒否など、ビジネスの世界でも、年々「勇気ある行動」が増えつつある。このように大胆不敵な行動を起こした、二〇〇人を超えるビジネス・リーダーたちについて調査したところ、後先を考えない、その場の衝動に駆られての行為ではなく、筆者が「勇気の計算」と呼ぶ、体系的なプロセスから生じたものだった。彼ら彼女らは、リスクを軽減し、かつ成功確率を高めるために、六つのプロセスを踏まえて、勇気ある行動を起こしていた。

キャスリーン・K・リアドン南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:10ページ[約1,775KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2007年3月号

グローバル・マネジャーを育てた試練

リーダーシップの「真実の瞬間」

オリペッカ・カラスブオ ノキア 社長兼CEO

ゲイリー・ジャクソン ブラックウォーターUSA 社長

フランツ・フーマー エフ・ホフマン・ラ・ロシュ 会長兼CEO

アーサー・ゲンスラー ゲンスラー・アンド・アソシエーツ・アーキテクツ 創業者

セルゲイ・ペトロフ ロルフ・グループ 創業者

アラン・クラップマイヤー シーラス・デザイン 創業者

アレクサンダー・B・カミングス コカ・コーラ・アフリカ 社長兼COO

ドゥリープ・アルウィハレ アーンスト・アンド・ヤング・ポーランド マネージング・パートナー

2007年3月号

最悪のシナリオを回避するために

鳥インフルエンザは企業課題である(上)

スコット・F・ドゥエル 疾病対策予防センター 世界疾病調査官

ジョセフ・S・ブリーセ 疾病対策予防センター インフルエンザ疫学ディレクター

ジェフリー・ステープルズ インターナショナルSOS 首席医療アドバイザー

アメリカ保健社会福祉省疫病管理予防センター 

ウェンディ・ドブソン トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 教授

ブライアン・R・ゴールデン トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 教授

ウィリアム・マクゴーワン サン・マイクロシステムズ シニア・バイス・プレジデント

シェリー・クーパー BMOファイナンシャル バイス・プレジデント

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない