2019年8月号

やる気が出なくても仕事で成果を上げる方法

自分を動機付ける4つの戦術

アイエレット・フィッシュバック :シカゴ大学 ブーススクール・オブ・ビジネス 教授

アイエレット・フィッシュバック

シカゴ大学 ブーススクール・オブ・ビジネス 教授

シカゴ大学ブーススクール・オブ・ビジネスのジェフリー・ブレーケンリッジ・ケラー記念講座教授。行動科学およびマーケティング論を担当。

仕事で成果を上げる人と、そうでないその他大勢とを分ける大きな違いの一つは、うまく自分を動機付ける能力にある。長い仕事人生において、自分のやる気を常に高い状態に保つことは難しい。しかし、やる気の出ない時でも、みずからを動機付け、前進し続けることは可能だ。本稿では、4つの戦術を紹介し、自己動機付けという、成功に欠かすことのできないスキルを身につける方法を示す。

アイエレット・フィッシュバックシカゴ大学 ブーススクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:7ページ[約868KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない