2019年8月号

データ分析で小売企業の人的資源を最適化する

人員配置と研修を見直す3ステップ

マーシャル・フィッシャー

マーシャル・フィッシャー

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ペンシルバニア大学ウォートンスクールのUPS記念講座教授。アナス・ラマンとの共著書にThe New Science of Retailing, Harvard Business Review Press, 2010.(未訳)がある。また、小売業の分析を手掛ける4Rシステムズの共同創設者兼会長も務めている。

サンティアゴ・ガリーノ

サンティアゴ・ガリーノ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 助教授

セルゲイ・ネテッシン

セルゲイ・ネテッシン

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 副学部長

ペンシルバニア大学ウォートンスクールのグローバルイニシアティブ副学部長であり、ディルバイ・アンバニ記念講座教授(イノベーションおよびアントレプレナーシップを担当)を兼ねる。カラン・ジロトラとの共著書にThe Risk-Driven Business Model, Harvard Business Review Press, 2014.(未訳)がある。

オンラインショッピングに対抗するため、実店舗を持つ小売企業は昔ながらの方法で経費を削減しようとする。しかし、従業員数を減らし、研修費も減らすという戦略は、インターネット小売企業に対する最大の強みである、顧客と対面で話せるというメリットが損なわれてしまう。筆者らは、単に人件費を削るのではなく、データを用いた各店舗における販売員数の適正化、ならびに販売員にメーカーの力を借りた商品知識を増やす研修の実施を提案する。

マーシャル・フィッシャーペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

サンティアゴ・ガリーノペンシルバニア大学 ウォートンスクール 助教授

セルゲイ・ネテッシンペンシルバニア大学 ウォートンスクール 副学部長

PDF論文:9ページ[約2,070KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない