2007年3月号

新任マネジャーはなぜつまずいてしまうのか

幻想と真実のギャップ

リンダ・A・ヒル :ハーバード・ビジネススクール 教授

リンダ・A・ヒル

ハーバード・ビジネススクール 教授

リーダーシップを考えるうえで、多くが見過ごしている重大な問題がある。それは、一社員から管理者へと昇格した時に直面するジレンマである。たとえば、組織の業績を高め、部下の能力開発を促すスキルと能力は、自分のそれを高めるスキルと能力とはまったく別物である。しかし、ほとんどの新米マネジャーが勝手な幻想や誤解を抱いており、いざなってみると、四苦八苦するはめになる。実は、このような誤解によるつまずきはトラウマになりやすく、かえって自己変革する気持ちを萎縮させがちである。

リンダ・A・ヒルハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:14ページ[約1,597KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない