2019年8月号

宇宙への夢を語ることで科学技術は進歩する

[インタビュー] 月や火星で暮らす未来は、そう遠くない

向井 千秋 :宇宙飛行士、東京理科大学 スペース・コロニー研究センター長

向井 千秋

宇宙飛行士、東京理科大学 スペース・コロニー研究センター長

1952年、群馬県出身。1977年、慶應義塾大学医学部を卒業し、同大医学部外科学教室医局員。1985年、宇宙開発事業団(NASDA。現宇宙航空研究開発機構:JAXA)のペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)に選定される。1994年にスペースシャトル・コロンビア号、1998年にスペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗。宇宙航空研究開発機構特任参与、宇宙医学研究センター長、日本学術会議副会長などを歴任。2015年に東京理科大学副学長に就任し、現在同大スペース・コロニー研究センター長兼特任副学長を務める。アジア人女性初の宇宙飛行士。医学博士。

ユーリイ・ガガーリンが史上初の有人宇宙飛行を実現して以来、人類は驚異的なスピードで宇宙開発を進めてきた。人間を宇宙空間に送り出し、重力も大気もない極限の環境に適応させるべく、宇宙開発には時代の最先端の知見が凝縮されている。その研究成果は、宇宙のみならず、地上の生活にも大きな恩恵をもたらしてきた。国や企業が壮大な夢を語り、分野を超えた才能が集結してその実現を目指すことで、科学技術は進歩する。アジア人女性初の宇宙飛行士であり、宇宙医学の研究に携わり続けてきた向井千秋氏は、そのように語る。

向井 千秋宇宙飛行士、東京理科大学 スペース・コロニー研究センター長

PDF論文:10ページ[約1,704KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない