2019年8月号

ムーンショットを構想する方法

SFやアナロジーでバイアスを打ち破る

ネイサン・ファー

ネイサン・ファー

INSEAD 助教

INSEADの助教。戦略論を担当。

ジェフリー H. ダイアー

ジェフリー H. ダイアー

ブリガム・ヤング大学 マリオットスクール 教授

ブリガム・ヤング大学マリオットスクールのホレス・ビーズリー記念講座教授。戦略論を担当。

カイル・ネル

カイル・ネル

アンコモン・パートナーズ CEO

行動変革コンサルティング会社、アンコモン・パートナーズのCEO兼共同創業者。ロウズ・イノベーション・ラボのエグゼクティブディレクターも務めた。

多くの企業が、漸進的思考の傾向から脱せないことに悩まされている。なぜ「ムーンショット」のような、もっと大きく有意義な考え方ができないのだろうか。創造性を抑制している足かせがあるからである。それは、私たちの認識をゆがめ、さまざまな可能性を見えなくするバイアスである。目指すべき方向を新たに検討する際、人は認知バイアスにはまってしまい、現状しか見えず、より価値の高い機会に目が向かなくなる。そうした罠を回避し、イノベーションを実現する方法を提示しよう。

ネイサン・ファーINSEAD 助教

ジェフリー H. ダイアーブリガム・ヤング大学 マリオットスクール 教授

カイル・ネルアンコモン・パートナーズ CEO

PDF論文:9ページ[約2,245KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない