2007年4月号

企業課題のトレード・オフを両立させる法

「収益性と成長性」「短期と長期」「全社と部門」

ドミニク・ドッド

ドミニク・ドッド

マラコン・アソシエーツ ディレクター

ケン・ファバロ

ケン・ファバロ

マラコン・アソシエーツ 共同会長

ビジネスには、同時実現させるべきだが、対立しがちな目的がある。すなわち「収益性と成長性」「短期志向と長期志向」、そして「全社業績と事業ユニットの業績」である。経営者は日々、いかにこれをバランスさせるかに頭を悩ませている。これら三つの対立軸すべてを管理すべきなのは言うまでもないが、状況によって、最優先すべき対立軸は異なる。ところが、そこで間違った対立軸を重視している企業が多い。コカ・コーラ、ジレット、BP、バークレイズ銀行などの例を引きながら、正しい対立軸を選択し、正しく管理することで、企業価値を高める方法を解説する。

ドミニク・ドッドマラコン・アソシエーツ ディレクター

ケン・ファバロマラコン・アソシエーツ 共同会長

PDF論文:16ページ[約1,293KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない