2007年4月号

「非」実用性の意義

社会科学の碩学が語る

ジェームズ・G・マーチ :スタンフォード大学 名誉教授

ジェームズ・G・マーチ

スタンフォード大学 名誉教授

一般にはなじみが薄いが、ジェームズ・G・マーチといえば、社会科学の研究者であれば、だれもがその名を知っている。ハーバート・サイモンとの共著『オーガニゼーションズ』とリチャード・サイアートとの共著『企業の行動理論』はこの分野における古典的名著として名高い。マーチはインタビューのなかで、学問には、実用性よりも思想の美しさのほうが重要であると指摘する。また、リーダーシップ研究の学問的限界やジェンダー論の重要性について学術的創造性に富んだ意見を披露する一方、彼の共同研究の成果である「ホット・ストーブ効果」「愚かしさのテクノロジー」「ゴミ箱理論」について語る。

ジェームズ・G・マーチスタンフォード大学 名誉教授

PDF論文:11ページ[約1,111KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない