2007年4月号

「意図した失敗」のすすめ

失敗する組織は学習スピードが速い

ポール・J・H・シューメーカー

ポール・J・H・シューメーカー

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール マック・センター・フォー・テクノロジカル・イノベーション リサーチ・ディレクター

ロバート・E・ガンサー

ロバート・E・ガンサー

ロバート・E・ガンサー・コミュニケーションズ 創設者

弁証法の一般的な考え方に従えば、失敗とは「反」である。したがって、失敗を生かせるかどうかが「合」に至れるかどうかを左右する。しかし、組織においては、失敗は最小限に抑えるべき汚点であり、特に経営幹部の場合、業務執行上のミスは、みずからの命取りになる。本稿では、あえて失敗を犯すことの必要性を説き、どのような場合にその「意図した失敗」が有効かを説明する。

ポール・J・H・シューメーカーペンシルバニア大学 ウォートン・スクール マック・センター・フォー・テクノロジカル・イノベーション リサーチ・ディレクター

ロバート・E・ガンサーロバート・E・ガンサー・コミュニケーションズ 創設者

PDF論文:10ページ[約1,068KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない