2019年7月号

事業を変え、組織を変え、社員を変え、
これからも成長し続ける

[インタビュー]企業変革3つの施策

青井 浩 :丸井グループ 代表取締役社長 代表執行役員 CEO

青井 浩

丸井グループ 代表取締役社長 代表執行役員 CEO

1961年生まれ。慶應義塾大学卒業。1986年丸井(現丸井グループ)入社。常務取締役、副社長等を経て、2005年4月より代表取締役社長に就任。創業以来の小売り・金融一体の独自のビジネスモデルをベースに、ターゲット戦略の見直しや、ハウスカードから汎用カードへの転換、SC・定借化の推進など、さまざまな革新を進める。ステークホルダーとの共創を通じ、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現を目指す。

創業88年を迎えた丸井グループは、家具の月賦販売から事業をスタートし、「赤いカード・ヤングファッション」の丸井として一時代を築いた。現在は、モノを売ることよりも体験を提供することを重視した店づくりを進めるなど、従来の常識に囚われない新しいビジネスモデルを構築している。創業家の3代目である丸井グループ社長の青井浩氏に、丸井がビジネスモデルを変え続けてこられた理由、そして近年、組織文化をどのように変え、今日それがいかに結実しているのかについて話を聞いた。

青井 浩丸井グループ 代表取締役社長 代表執行役員 CEO

PDF論文:12ページ[約1,808KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない