2019年7月号

創造的な組織は逆説に満ちている

失敗は許すが、能力不足は許さない

ゲイリー P. ピサノ :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ゲイリー P. ピサノ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのハリー E. フィジー, Jr. 記念講座教授(担当は事業管理)。また、同校の教員能力向上担当上級副学長を兼ねている。著書Creative Construction: The DNA of Sustained Innovation, PublicAffairs.が近刊予定である。

イノベーションを促す革新的文化は、経営者や従業員を問わず、企業人万人から支持される。しかし、この文化を創造し維持するには、5つの厳格さが不可欠である。第1に、失敗を許容するには能力不足を受け入れてはならない。第2に、実験に積極的であるためには厳格な規律が欠かせない。第3に、心理的安全性を保つには歯に衣着せぬ物言いを快く受け入れなくてはならない。第4に、うまく協働するには各人が責任意識を持たなければいけない。第5に、フラットな組織では強いリーダーシップが不可欠である。こうした厳格さの意義、これを維持する方法を論じよう。

ゲイリー P. ピサノハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:13ページ[約1,087KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない