2007年4月号

超ロジカル・シンキング

弁証法でイノベーションを生み出す

大前 研一 :ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

大前 研一

ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

優秀な人材を揃え、効果的なツールを導入しても、シナジーやイノベーションが実現しないのはなぜか。そこには、議論のプラットフォームがないからである。その基本が「ロジカル・シンキング」だが、これだけでは足りない。ロジカル・シンキングは、思考法の「型」である。基本を繰り返し、反射的に使えるようになったうえに、より高度な思考様式が求められるのだ。古代ギリシャからの知的生産技術である「弁証法」は、建設的な対立によってアウフヘーベンを起こすものである。ただし、頭でわかっただけでは使いこなせない。ビジネスの現場において、何度も実践し、体で覚えなければならない。

大前 研一ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

PDF論文:12ページ[約1,288KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない