新しい職場で働き始めるときに重要な事実がある。最初の数ヵ月の行動が、あなたのキャリアを大きく左右するということだ。早期に優れた結果を残せば、長期的な成功を後押しすることになるだろう。反対に、初期でつまずいてしまうと、その後も厳しい闘いを強いられる。限られた時間で成果を上げるために自問すべき、5つの質問を示す。


 あなたが新しい仕事に就いてから数ヵ月の間に取る行動は、その仕事での成功と失敗の明暗を分ける、多大なインパクトを持つ。

 早い段階でポジティブな弾みをつけることができれば、それが追い風となり、在職期間を通して成功へと後押ししてくれるだろう。逆に、初期段階でつまずいてしまうと、終始厳しい闘いを強いられることになりかねない。

 この期間に、リーダーが直面する最大の課題は、集中すべき事柄に集中することだ。あなたは新しい職場に慣れなければならないうえ、早々にインパクトのある成果を上げたいとも思っていて、まさに「消防ホースから水を飲んでいる」かのような状態だ。気がつくと、あれこれと一度に手を出しすぎていたり、貴重な時間を無駄にしてしまっていたりしているだろう。

 そんなとき、あなたを導いてくれる有効な質問がある。なかでも最も重要な質問を5つ、以下に挙げた。これらは定期的に繰り返し、みずからに問いかけてほしい。