2007年5月号

多国籍チームのマネジメント

文化的相違が引き起こす衝突に、どう介入すべきか

ジーン・ブレット

ジーン・ブレット

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

クリスティン・ベーファー

クリスティン・ベーファー

カリフォルニア大学アーバイン校 ポール・メラージ・スクール・オブ・ビジネス 助教授

メアリー・C・カーン

メアリー・C・カーン

バルーク大学 ジクリン・スクール・オブ・ビジネス 助教授

国籍も文化も異なるメンバーを集めたチームでは文化的相違からさまざまな問題が起こりがちだ。感情の摩擦や対立からチーム全体が機能不全に陥ることさえある。チームの抱える問題にどう介入するか。世界規模の調査から、有効な四つの戦略が明らかになった。

ジーン・ブレットノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

クリスティン・ベーファーカリフォルニア大学アーバイン校 ポール・メラージ・スクール・オブ・ビジネス 助教授

メアリー・C・カーンバルーク大学 ジクリン・スクール・オブ・ビジネス 助教授

PDF論文:11ページ[約1,654KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない