2019年5月号

リーダーは自分の役割を問い続ける

[インタビュー] サッカー日本代表キャプテンからJリーグ監督へ

宮本 恒靖 :ガンバ大阪 監督

宮本 恒靖

ガンバ大阪 監督

1977年大阪府生まれ。同志社大学経済学部卒業。10歳で本格的にサッカーを始め、1995年ガンバ大阪入団。日本代表では各年代別のキャプテンを務め、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会と2つのFIFAワールドカップでもキャプテンとしてチームを牽引した。2011年12月、34歳で現役を引退。2012年9月よりFIFAマスターに挑戦し、2013年7月末に修了。2015年、ガンバ大阪ジュニアユースコーチに就任。同ユース監督、同U-23監督を経て、2018年シーズン途中よりトップチームの監督を務める。

サッカーはいまや国民的スポーツとなり、日本代表の試合はサッカーファンだけでなく日本中の注目を浴びる一大イベントである。宮本恒靖氏は現役時代、代表チームの全カテゴリーでキャプテンを務めた。その後、2018年にガンバ大阪の監督に就任すると、降格危機にあったチームの再建に成功した。勝てば称賛を浴びるが負けた時には厳しい批判にさらされる過酷な環境の中、自分を見失うことなくリーダーの職責をまっとうし続ける宮本氏に、その哲学を聞いた。

宮本 恒靖ガンバ大阪 監督

PDF論文:10ページ[約2,176KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない