2019年5月号

セルフ・コンパッションを日常で活かす方法

困難な状況から自分を救い出す

クリストファー・ジャーマー

クリストファー・ジャーマー

臨床心理士

臨床心理士、ハーバード・メディカルスクール非常勤講師。マインドフル・セルフ・コンパッション・プログラムの共同開発者で、The Mindful Path to Self-Compassion, The Guilford Press, 2009.(未訳)の著者。Mindfulness and Psychotherapy, Guilford Pubn Books, 2013.(未訳)およびWisdom and Compassion in Psychotherapy, Guilford Pubn Books, 2012.(未訳)の共編者。さらにインスティテュート・フォー・メディテーション・アンド・サイコロジー、ハーバード・メディカルスクール内ケンブリッジ・ヘルス・アライアンスのセンター・フォー・マインドフルネス・アンド・コンパッションの設立者の一人である。

リッチ・フェルナンデス

リッチ・フェルナンデス

サーチ・インサイド・ユアセルフ・リーダーシップ・インスティテュート CEO

世界中のコミュニティや組織に向け、マインドフルネスや心の知能に関するプログラムを提供しているサーチ・インサイド・ユアセルフ・リーダーシップ・インスティテュート(グーグルによるNPO)のCEO。また組織に向けマインドフルネス、レジリエンス、繁栄の科学を提供するウイズダム・ラボの共同創設者でもある。Twitter @_richfernandez

モニク・バルコア

モニク・バルコア

エグゼクティブコーチ

エグゼクティブコーチ、基調講演者、経営学教授。実績ある充実した職業、キャリア、職場、人生の創造とその維持を追求するクライアントに助言を提供している。 Twitter @moniquevalcour

大きな失敗をしたり難しい問題に直面したり、つらい事態に直面している時、みずからを救済し適切に状況に対応するためには、自分に対して優しさとサポートを与える必要がある。これがセルフ・コンパッションであり、感情的なレジリエンス(再起力)と密接な関連があることが数々の研究からわかっている。本稿では、HBR.orgからセルフ・コンパッションに関わる記事を選び、困難な状況、ストレスやバーンアウト、極度の緊張などをうまくコントロールし、そこから立ち直る方法を紹介する。

■「セルフ・コンパッション・ブレイク」の実践
臨床心理士 クリストファー・ジャーマー
■働く人のレジリエンスを強化する5つのポイント
サーチ・インサイド・ユアセルフ・リーダーシップ・インスティテュート CEO
リッチ・フェルナンデス
■「RAIN」で極度の緊張を乗り切れ
エグゼクティブコーチ モニク・バルコア

クリストファー・ジャーマー臨床心理士

リッチ・フェルナンデスサーチ・インサイド・ユアセルフ・リーダーシップ・インスティテュート CEO

モニク・バルコアエグゼクティブコーチ

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない