2012年7月号

データが導く顧客への最適提案

ITが可能にした高度なカスタマイズ化

トーマス H. ダベンポート

トーマス H. ダベンポート

バブソン大学 特別教授

レアンドロ・デール・ミュール

レアンドロ・デール・ミュール

シティバンク グローバル・アナリティクス担当ディレクター

ジョン・ラッカー

ジョン・ラッカー

デロイト・コンサルティングLLP プリンシパル

IT、データ収集、分析技術の進歩により、いまや高度にカスタマイズされた提案が可能になっている。最適なタイミング、手頃な価格、適切なチャネルを通じて、消費者が望むような製品・サービスを勧めるのだ。これは「次善の提案」(NBO)と呼ばれ、投資対効果と競争力の両面で影響を与える。 現在では、顧客のデモグラフィックだけでなく、価値観、ライフスタイル、購買行動、位置情報など多様なデータを活用でき、顧客接点となるチャネルの選択肢も広がっている。しかし、対象者の絞り込みやカスタマイズが不十分なままNBOを行う企業も多い。 NBO戦略を実現するには、「目標の設定」「データ収集」「分析と実行」「学習と発展」の4つのステップが不可欠だ。 自社の顧客や提供する製品・サービス、顧客の購入状況などを踏まえ、統計や予測技術、人間の判断を組み合わせ、試行と検証を重ねていけば、より高度で効果的な顧客提案が可能となる。

トーマス H. ダベンポートバブソン大学 特別教授

レアンドロ・デール・ミュールシティバンク グローバル・アナリティクス担当ディレクター

ジョン・ラッカーデロイト・コンサルティングLLP プリンシパル

PDF論文:11ページ[約1,788KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない