2019年4月号

ダイバーシティは明らかに収益に貢献する

ベンチャーキャピタル業界への調査でわかった

ポール・ゴンパース

ポール・ゴンパース

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのユージーン・ホルマン記念講座教授(経営管理を担当)。財務と起業家経営、2つの専攻に属している。

シルパ・コバリ

シルパ・コバリ

ハーバード・ビジネス・スクール 研究員

ハーバード・ビジネス・スクールの研究員。『アトランティック』誌、『ボストン・グローブ』紙、オンライン誌の『スレート』に寄稿。

多様性の推進による効果として挙げられるのは、分析的思考やイノベーションへの影響など定性的な面が多く、財務的な数字を明らかにしたものは稀である。そこで筆者らは、組織がフラットで小さく、意思決定権の所在やその成果も比較的明確なベンチャーキャピタル業界に目をつけ、多様性と業績との関係について調査した。そしてその結果は、多様なチームが均質なチームを投資成果で明らかに上回っていたのだ。この調査結果について解説するとともに、多様性を取り入れるためのポイントを解説する。

ポール・ゴンパースハーバード・ビジネス・スクール 教授

シルパ・コバリハーバード・ビジネス・スクール 研究員

PDF論文:10ページ[約1,233KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない