2019年4月号

高齢化問題をデータで読む

世代間での認識の違いが明らかに

ラムジー・カバズ

ラムジー・カバズ

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集コーディネーター

マット・ペリー

マット・ペリー

『ハーバード・ビジネス・レビュー』上級情報デザイナー

世界中でいま、高齢化が急速に進んでいる。この問題が世代を問わず大きな影響を与えていることは事実だが、その捉え方には世代間で大きな違いがある。自分は何歳まで働くべきか、あるいは働けるのか。老後に向けた貯蓄をいつから始めればよいのか。企業はいかなる対策を実施すべきなのか。本稿では、さまざまなデータをもとに高齢化の実際を読み解く。

ラムジー・カバズ『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集コーディネーター

マット・ペリー『ハーバード・ビジネス・レビュー』上級情報デザイナー

PDF論文:4ページ[約531KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない