2019年4月号

中高年の再教育プログラムの効果を上げる7つのポイント

環境変化にいかに適応させるか

ウィリー C. シー

ウィリー C. シー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのロバート・アンド・ジェーン・シジック記念講座教授。経営学のマネジメント・プラクティスを担当。2007年に同校で教鞭を執る前は、テクノロジー業界で上級幹部職を歴任。

ハワード・ルドニック

ハワード・ルドニック

ベイン・アンド・カンパニー コンサルタント

ベイン・アンド・カンパニーのコンサルタント。前職は、重要な社会問題に関する革新的な研究を促進する非営利団体、トービン・プロジェクトのリサーチ担当アシスタントディレクター。

コリーン・テーペン

コリーン・テーペン

元 ハーバード・ビジネス・スクール MBA受講生

元ハーバード・ビジネス・スクールのMBA受講生。データサイエンスを駆使して知見を導き出す研究を専門とする。コンサルティング、政府機関、スタートアップ企業など、幅広い分野で業務経験がある。

テクノロジーが日進月歩で進化し、オートメーション化やグローバル化、オフショアリングが進み、古い産業の縮小と新しい産業の勢いが増す米国。こうした状況は日本にも当てはまることだが、米国では工場閉鎖などに伴う従業員の失業、そして再就職にはどのようなサポートが取られているのだろうか。本稿では、仕事を失った中高年労働者の再教育に焦点を当て、再教育と再就職がスムーズに運べるポイントを紹介している。

ウィリー C. シーハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハワード・ルドニックベイン・アンド・カンパニー コンサルタント

コリーン・テーペン元 ハーバード・ビジネス・スクール MBA受講生

PDF論文:11ページ[約1,579KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2005年6月号

既成概念を打破する

2005年のパワー・コンセプト(下)

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

デニース・カルーソ ハイブリッド・ビガー・インスティテュート 事務局長

トーマス H. ダベンポート バブソン大学の特別教授。経営学・情報技術を担当。

リー・ブキャナン HBR シニア・エディター

ヘンリー W. チェスブロー カリフォルニア大学バークレー校 ハース経営大学院 センター・フォー・オープン・イノベーション エグゼクティブ・ディレクター

ケネス・リーバサル ミシガン大学 教授

ヨッヘン・ウィルツ シンガポール国立大学 ビジネス・スクール

ロイゾ・ヘラクレアス オックスフォード大学 テンプルトン・カレッジ 特別研究員

メアリー・キャサリン・ベイトソン 文化人類学者

ジェフリー・ローゼン ジョージワシントン大学 法科大学院 教授

ティーハ・フォン・ギーツィ ボストン コンサルティング グループ ストラテジー・インスティテュート 特別研究員

ジャニス・アントノビクス バージニア大学 教授

ジェフリー・フェッファー スタンフォード経営大学院トーマス・D・デー2世寄付講座の組織行動学教授

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない