2007年6月号

カーブボール戦略

ライバルを出し抜く

ジョージ・ストーク・ジュニア :ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント

ジョージ・ストーク・ジュニア

ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント

二〇〇四年、本稿の著者はロブ・ラシュナウアーとの共著論文で、情け容赦のない攻撃を仕掛ける「ハードボール戦略」を紹介した。その究極の目的は、競争優位を獲得することであった。同様の手法に、「変化球」でライバルの裏をかくという方法もある。カーブボール、すなわち、変則的なアプローチによって敵の意表を突き、敵のミスを誘い出す、あるいは敵の反撃を封じ込めることができる。なかでも効率的なのが、成功をカムフラージュする、成功のカギを誤解させるなど、四つのカーブボール戦略である。

ジョージ・ストーク・ジュニアボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント

PDF論文:11ページ[約2,187KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない