2019年3月号

組織の「やり抜く力」を高める

パーパスの共有が果たす役割

トーマス H. リー

トーマス H. リー

プレス・ゲイニー 最高メディカル責任者

アンジェラ L. ダックワース

アンジェラ L. ダックワース

ペンシルバニア大学 教授

優れた功績を上げる人々は、さらなる改善を目指してたゆまぬ努力をするなど、並外れたスタミナを持ち合わせている。このような人を、筆者たちは「やり抜く力」があると表現する。やり抜く力は、情熱と粘り強さという2つの重要な要素でできている。情熱は、自分の仕事に対して湧き上がる興味やパーパスから生まれるものである。そして粘り強さは、逆境に直面した時の回復力や、持続的な改善にひたむきに打ち込む力に表れる。本稿は、優秀な人材が集まり、チームワークに多くを依存する医療業界を例に「組織のやり抜く力」がどのように発揮されるのかについて論じる。

トーマス H. リープレス・ゲイニー 最高メディカル責任者

アンジェラ L. ダックワースペンシルバニア大学 教授

PDF論文:12ページ[約1,841KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない