2019年3月号

経営者の仕事はパーパスを提唱し、実現すること

[インタビュー] ステークホルダーとともに共通価値を創造する

高岡 浩三 :ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO

高岡 浩三

ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO

世界最大の食品会社ネスレは、創業150周年を迎えたことを契機に「生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献します」というパーパスを掲げ、社内外で積極的に発信している。同社の経営原則であるCSV(共通価値の創造)を実現するうえで、株主や従業員をはじめ、ネスレの全ステークホルダーと基本的な価値観を共有する必要があると考えたからだ。ネスレ日本代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏は、こうした価値観を組織の内外に浸透させ、その実現に向けた取り組みを着実に進めることは、経営トップの責任であると語る。本稿では、ネスレがなぜパーパスに着目したのか、それは経営にいかなる影響を与えているのかを聞いた。

高岡 浩三ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO

PDF論文:10ページ[約2,061KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない