2007年7月号

信頼の心理学

他人を信じるか否かの判断プロセスを理解する

ロバート・F・ハーレー :フォーダム大学 教授

ロバート・F・ハーレー

フォーダム大学 教授

世界各国三〇社四五〇人の管理職に調査したところ、その約半数が「経営陣を信頼できない」と回答した。ゴリンハリスの世論調査では、回答者の六九%が「だれを信頼してよいのか、わからない」という。シカゴ大学による調査も同じく寒々しい結果だった。このように、いま信頼の喪失が社会的に問題になっている。筆者は、数百人以上のビジネス・リーダーたちへの実験とエグゼクティブ・コーチングの経験を踏まえて、信頼関係を構成する一〇要因を突き止め、これに基づいて信頼を築き上げるモデルを開発した。

ロバート・F・ハーレーフォーダム大学 教授

PDF論文:11ページ[約1,448KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない