2019年2月号

アリババ急成長の源泉はスマートビジネスにある

IoT時代はエコシステムで勝負する

曽 鳴 :アリババグループ アカデミックカウンシル 会長

曽 鳴

アリババグループ アカデミックカウンシル 会長

アリババは創業から20年も経たない短期間で、時価総額世界トップ10入りを果たした。同社は単なるeコマース企業ではない。彼らの急成長を支えた要因は、小売りに関わるあらゆるステークホルダーの情報をデータ化し、かつネットワーク化したエコシステムにある。アリババグループ最高戦略責任者を務めた筆者は、その手法を「スマートビジネス」と呼び、IoTの実用化が進む時代で勝利を収めるためには、いち早くそれを実現することが重要だと主張する。本稿では、アリババが実践したスマートビジネスの詳細が示される。

曽 鳴アリババグループ アカデミックカウンシル 会長

PDF論文:11ページ[約1,830KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない