2019年2月号

ブルー・オーシャン・シフトで日本企業は甦る

GAFAに学ぶのではなく、歴史に学ぶ

W. チャン・キム :INSEAD 教授

W. チャン・キム

INSEAD 教授

血みどろの競争を繰り広げるのではなく、競争のない市場を創造する重要性を説いた『ブルー・オーシャン戦略』。この理論は世界中に大きなインパクトを与え、ブルー・オーシャン、レッド・オーシャンという言葉は、ビジネス用語として定着した。刊行から12年が経った2017年、著者のチャン・キム氏とレネ・モボルニュ氏は『ブルー・オーシャン・シフト』を刊行し、誰もがブルー・オーシャンを創造できる道筋を示した。本稿では、チャン・キム氏が語った日本企業への提言を、編集部がまとめた。

W. チャン・キムINSEAD 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない