2019年2月号

トヨタは、生き残りを賭けて、協調し、競争する

[インタビュー] 業種・業態、民間の枠を超える社会問題解決

寺師 茂樹 :トヨタ自動車 取締役 副社長

寺師 茂樹

トヨタ自動車 取締役 副社長

日本の基幹産業である自動車産業が転機を迎えている。地球温暖化や高齢社会における移動手段の確保といった社会的課題の増大を前に、対策を迫られている。また、100年に一度の変革といわれる技術革新が、産業構造を変えようとしている。トップ企業のトヨタ自動車は、業種・業態を超えた協調により、こうした環境変化に対応しようとしている。経営企画の責任者から技術部門のトップに転じた寺師茂樹副社長に、社会的課題に対する同社の取り組みについて聞いた。

寺師 茂樹トヨタ自動車 取締役 副社長

PDF論文:12ページ[約1,942KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない