2019年1月号

ギグ・ワーカーの現実

3冊の本から読み解く

ニコール・トーレス :『ハーバード・ビジネス・レビュー』 アソシエートエディター

ニコール・トーレス

『ハーバード・ビジネス・レビュー』 アソシエートエディター

新しい働き方や経済の象徴として世界中で話題となっている「ギグ・エコノミー」。「単発または短期の仕事」を意味する「ギグ」は、生き方そのものも激変させるパワーを持ち、急速な広がりを見せている。本稿では、この新たな働き方について分析した3冊の著作から、ギグ・エコノミーがもたらす問題点をあぶり出し、ギグ・ワーカーの現実とその解決策を考える。

ニコール・トーレス『ハーバード・ビジネス・レビュー』 アソシエートエディター

PDF論文:5ページ[約639KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない