2019年1月号

ギグ・エコノミーで生き残るための4つのつながり

「場所」「ルーチン」「目的」「人」

ジャンピエロ・ペトリグリエリ

ジャンピエロ・ペトリグリエリ

INSEAD 准教授

スーザン J. アシュフォード

スーザン J. アシュフォード

ミシガン大学 ロススクール・オブ・ビジネス 教授

エイミー・レズネスキー

エイミー・レズネスキー

エールスクール・オブ・マネジメント 教授

ギグ・エコノミーとは、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことをいい、欧米ではすでに1億5000万人が、組織に所属するという安定した身分を離れ、フリーランサーとしてこうした働き方を選んでいる。筆者たちはこの新しい働き方を実践する65人を詳しく調査し、有能なフリーランサーたちが、その不安定さと不安感、孤独感を乗り越え、高い生産性でよりよいものを創造し続ける原動力を探った。

ジャンピエロ・ペトリグリエリINSEAD 准教授

スーザン J. アシュフォードミシガン大学 ロススクール・オブ・ビジネス 教授

エイミー・レズネスキーエールスクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:8ページ[約1,035KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない