2019年1月号

リーバイスはなぜ再成長できたのか

新たな顧客をつかみ、離れた顧客を取り戻す

チップ・バーグ :リーバイ・ストラウス 社長兼CEO

チップ・バーグ

リーバイ・ストラウス 社長兼CEO

デニムブランドのLevi’s(リーバイス)を展開するリーバイ・ストラウス。その設立は1853年と古く、米国においても最も強いブランドを持つ企業の一つである。だが、売上高は1997年に70億ドルの最高値を記録した後、5年で41億ドルにまで落ち込み、その後も低迷が続いた。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)でジレット買収の統合を指揮した筆者が2011年にCEOとして参画した。リーバイスの持つブランドの力を活かし、組織変革と業務改善を実現し、新市場も切り開いた。老舗ブランド企業はなぜ再び成長軌道に乗れたのか。

チップ・バーグリーバイ・ストラウス 社長兼CEO

PDF論文:11ページ[約2,472KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない