2019年1月号

人材戦略はパートナーの人生まで配慮せよ

キャリア志向の配偶者を持つ優秀な社員を取り込む

ジェニファー・ペトリグリエリ :INSEAD 助教授

ジェニファー・ペトリグリエリ

INSEAD 助教授

経営幹部候補にさまざまな部門や職務を一通り経験させるというのは、よくある人材育成の方法だが、これは時に海外を含む転勤が必要になる。しかし、ともにキャリアを持ち成功を収めたいと考えている夫婦が増えている今日では、このやり方が難しくなりつつある。夫婦の一方の転勤は一方のキャリアを損ねるからだ。それを避けたい夫婦は現在の会社でのキャリアを諦め、転職を考えたりする。企業側にとっては優秀な人材の流出にもつながってしまう。本稿では、こうした若い有望な人材に起こりがちな、共働き夫婦のキャリアの問題に配慮する方策を提示するとともに、まずは柔軟な働き方を受け入れる企業文化の大切さを説く。

ジェニファー・ペトリグリエリINSEAD 助教授

PDF論文:11ページ[約1,045KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない