2019年1月号

フェイクニュースの正体と情報社会の未来

ネット言論の実証研究から解き明かす

山口 真一 :国際大学 主任研究員/講師

山口 真一

国際大学 主任研究員/講師

欧米を中心にフェイクニュースの弊害が熱心に議論されているが、日本も他人事ではない。災害時に不確かなニュースが生成・拡散されて被災者を不安に陥れたり、新興キュレーションメディアや伝統的マスメディアが虚偽情報を流布して社会に混乱を招いたりと、企業や個人に甚大な被害をもたらし始めている。フェイクニュースは、いかなる動機で生成されるのか。また、そうした不確かな情報はなぜ拡散されるのだろうか。本稿では、SNSやクチコミなどネット言論の実証研究で注目を浴びる、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員/講師の山口真一氏が、豊富な学術研究と山口氏が実施した独自調査に基づき、この問題の本質を明らかにする。

山口 真一国際大学 主任研究員/講師

PDF論文:12ページ[約2,638KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない