2019年1月号

“フェイクニュース”といかに戦うか

SNSの大規模調査に基づく提言

シナン・アラル :マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 教授

シナン・アラル

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 教授

テクノロジーの発達やSNSの浸透で、虚偽のニュースがインターネットを介して社会にあっという間に広がる時代になった。しかも、それらのニュースは、嘘ではない情報よりも速く、遠くへ、深く広がり、その損害は企業活動や経済にも及んでいる。ツイッター上のデマ拡散を定量分析して一躍、世界に名をとどろかせた筆者は「虚偽のニュースの増殖を抑えることができるはずだ」と説く。本稿では、“フェイクニュース”との戦い方について、その方法論を明かす。

シナン・アラルマサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:16ページ[約2,518KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない