2007年8月号

【第二回】立石電機創業

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

大阪市都島区東野田に引っ越した一真は、ようやく事業を軌道に乗せ、やがて「大阪に継電器の立石電機あり」といわれるようになる。そんなある時、東京帝国大学航空研究所の依頼を受けて、日本初のマイクロ・スイッチの開発に着手し、たび重なる失敗と試行錯誤の末に完成させる。しかし戦後の不景気が、一真と立石電機を襲った。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない