2018年12月号

安易な人員削減では目先の効果すら得られない

AT&T、ミシュラン、ハネウェル、リクルートに学ぶ

サンドラ J. サッチャー

サンドラ J. サッチャー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

シャレーン・グプタ

シャレーン・グプタ

ハーバード・ビジネス・スクール リサーチアソシエート

米労働統計局によれば、2000~2008年、2010~2013年に、毎年88万人から150万人が一時解雇された。景気拡大中でさえそうだった。あまりに安易なレイオフが横行している。しかしその結果、株価が下がったり、収益性が低下したり、ひいては倒産に至る企業も少なくない。従業員のモチベーションや質も下がる。実は、近視眼的にレイオフするよりも、慎重な人員転換を計画するほうが、技術変革や競争の激化にうまく対応できる。AT&T、ミシュラン、ハネウェル、リクルートなど、成功企業の事例からその方法を提示する

サンドラ J. サッチャーハーバード・ビジネス・スクール 教授

シャレーン・グプタハーバード・ビジネス・スクール リサーチアソシエート

PDF論文:12ページ[約876KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない