2018年12月号

AIを業務改善に活かす法

4つのステップで導入を進める

トーマス H. ダベンポート

トーマス H. ダベンポート

バブソン大学 特別教授

ラジブ・ロナンキ

ラジブ・ロナンキ

企業はこれまで、数多くの新規技術を取り入れてきたが、人工知能(AI)に対する期待はことのほか大きく、一部の企業はそれに惑わされてしまっている。実際、AIを活用する壮大なプロジェクトの多くは成功率が低く、うまく活用できている事例はビジネスプロセスの改善など、ハードルの低いプロジェクトのことが多い。本稿では、AIが実際にビジネスで活用されている業務を整理し、今後数年間、ビジネス目標の達成に向けてAIを活用しようと考える企業のために、その着手方法の指針となるフレームワークを提示する。

トーマス H. ダベンポートバブソン大学 特別教授

ラジブ・ロナンキ

PDF論文:14ページ[約1,374KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない