2007年8月号

クリティカル・シンキングで製品開発力を高める

不確実性を克服する組織能力の育成

ジェームズ・P・ハケット :スチールケース 社長兼CEO

ジェームズ・P・ハケット

スチールケース 社長兼CEO

世界屈指のオフィス家具メーカー、スチールケースのCEOは、新製品開発は、なぜ成功したり、失敗したりするのか、ずっと悩んでいた。ところがある時、複雑系理論に触れたことで、あるケースの成功要因が別のケースでは失敗の原因に変わってしまうことがあることを学んだ。そこで彼は、クリティカル・シンキングによる管理職のマインドセットの改革に乗り出した。その結果、新規事業や新製品開発にありがちな反論や後知恵、非難の応酬や人格攻撃といった「無駄な混乱」がなくなり、また経済的成果ばかり追い求める猪突猛進型の行動も改善され、新製品開発の成功確率と社員たちの自信が高まった。

ジェームズ・P・ハケットスチールケース 社長兼CEO

PDF論文:8ページ[約1,265KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない