2007年8月号

海爾:現場主義の経営

17年で売上高を1万7000倍にした

張 瑞敏 :海爾集団 首席執行官

張 瑞敏

海爾集団 首席執行官

海爾集団の首席執行官、張瑞敏は、山東省青島市にある従業員800人余りの冷蔵庫工場を倒産の窮地から救い、総合家電のグローバル企業へと育て上げた。言うまでもなく、その道のりはけっして平坦なものではなかった。張はビジネススクールなどで教育を受けたわけではなかったが、だれに教わるでもなく直感的に、日本製造業のように現場と品質を重視し、従業員一人ひとりの力を引き出すことで、組織を成長させてきた。張みずからが、そのものづくりと経営哲学を語る。

張 瑞敏海爾集団 首席執行官

PDF論文:8ページ[約1,776KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない