2018年11月号

職場の男女格差はどのように生まれるのか

3つの俗説の誤りを科学的に解明する

キャサリン H. ティンズリー

キャサリン H. ティンズリー

ジョージタウン大学 教授

ロビン J. イーリー

ロビン J. イーリー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

企業内で男女の均衡を図ろうとする取り組みが、近年活発化している。しかし、それらは、男と女は遺伝子や育ち方が根本的に違うという、誤った考え方に基づいていることが多い。本稿では社会学者らによるメタ分析によって、交渉意欲や交渉能力がない、自信がない、リスクを取ろうとしないといった、女性にまつわる固定観念が、根拠がないものだと明らかにする。そのうえで、男女に格差が生まれる真の原因を解説し、その対応策について論じていく。

キャサリン H. ティンズリージョージタウン大学 教授

ロビン J. イーリーハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:13ページ[約924KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない