2018年11月号

顧客が顧客戦略を動かす時代

AIスピーカーでマーケティングの民主化が進む

藤川 佳則 :一橋大学大学院 准教授

藤川 佳則

一橋大学大学院 准教授

アレクサの登場により、マーケティングが大きく変わりつつある。AIスピーカーが家庭に入り込むことで、顧客の無意識の言動や「暗黙知」がとらえられ、新たな顧客価値の発見につながる。一方、デジタル化の進展によって、コンテンツ・メディア・デバイスの関係性が複雑化し、従来のマーケティングが十分に機能しなくなっている。そこで筆者は、新たな統合マーケティングアプローチ「アーチモデル」を提唱する。このモデルから見えるのは、顧客戦略が企業主導型から顧客主導型へと変貌を遂げているということだ。

藤川 佳則一橋大学大学院 准教授

PDF論文:12ページ[約930KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない