2018年10月号

「学習優位」の競争戦略

強い会社が持つ4つの要因

名和 高司 :一橋大学大学院 特任教授

名和 高司

一橋大学大学院 特任教授

事業の環境変化が激しく、未来や市場を見通した的確な戦略も、他に比類ない水準の経営実践力も、持続的な競争優位を保証するものではない。そんな厳しい時代においても成長を続けた世界企業100社を分析した筆者は、強い競争力に共通する4つの要因を抽出した。それらを日本企業が習得し、非連続な変化の環境を生き抜くことに必要な「学習優位の経営」という施策を提示する。

名和 高司一橋大学大学院 特任教授

PDF論文:13ページ[約854KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない