2007年8月号

トヨタのものづくり哲学

70年間の継続的改善が革命を起こす

渡辺 捷昭 :トヨタ自動車 代表取締役社長

渡辺 捷昭

トヨタ自動車 代表取締役社長

いまや世界がトヨタの業績に注目している。しかし、代表取締役社長の渡辺は「何より品質で評価されたい」と力説する。そして、品質とコストの継続的改善、そしてグローバルな人材育成に向けて、これまでどおり改善を積み上げる一方、「革新」を成し遂げる必要があるという。本稿では、トヨタの根幹である継続的改善の重要性、グローバル戦略、新高岡工場の生産システム、「バリュー・イノベーション」プログラム、「トヨタウェイ」の徹底と人材育成のあり方、「夢のクルマ」などについてビジョンとものづくり哲学を交えながら、渡辺みずからが語る。

渡辺 捷昭トヨタ自動車 代表取締役社長

PDF論文:16ページ[約1,887KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない