2007年9月号

【第二回】倒産の危機、オートメーションとの出会い

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

五〇余日に及ぶ労働争議、ドッジ・ラインの余波による倒産危機、そして最愛の妻元子の死。一真はこれらの辛苦を何とか乗り越え、一からやり直しを図る。ちょうどその頃、彼の生涯の師となる上野陽一と西勝造によって、サイバネティックスとオートーメーションに出会う。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない