●週末に旅行する

 バケーションを「1週間におよぶ冒険」に限定せず、2~3日だけ近場に旅行することを考えてみよう。

 私はミシガン州に住んでいるので、車でミシガン湖まで行き、湖畔の小さいコテージに泊まったり、北部の州立公園に出かけたりするのが、お気に入りの週末の過ごし方になっている。都会に住んでいるのなら、たった2~3時間の旅でも、まったく別世界に来たような気分になれるだろう。

 旅行でできるだけリフレッシュできるよう、金曜日に休みを取ることを考えてみよう。金曜のうちに荷物をまとめて目的地まで移動し、寝るまでにいくつか準備を済ませておくのだ。そうすれば、残りの2日を旅先で堪能できる。日曜の夕食前に自宅に戻れば、荷物を片付けて自宅を整える時間が取れるため、余裕を持って仕事に戻ることができる。

 月曜日に処理しなくてはならないメールが、いつもより数件増えるかもしれないが、マイクロ・バケーションならば、仕事が山積みになっていることもない。

 ●個人的な「やることリスト」の時間をつくる

 ささいな用事でも、それを済ませると気分が大きく上向く場合がある。

 午後(または1日)休みを取り、普段は多忙でなかなか時間を充てられないような個人的な用事に、ゆとりを持って向き合うことを考えてみよう。たとえば、ヘアやネイルのサロンに行く、オイル交換をする、健康診断を受ける、などだ。済ませるといいとわかっている用事でも、いつものスケジュールでは、その時間がなかなか取れないものである。

 または、やりたいと思いながら優先順位が低いものに手を付けるのもいいだろう。念願のガーデン用家具を選ぶ、客間に置きっぱなしになっている箱の整理をする、年金口座を開設する、などだ。平日の夜や週末でもできることではある。しかし、実際にはずっと手を付けられずにいたのなら、休暇を取れるときに、その時間を活用して、やることリストを片付けると気分が楽になるはずだ。

 ●すき間の時間を使って交友

 年齢を重ねると、また特に結婚をすると、友人と過ごす時間が減ってしまう場合が多い。家族との時間を犠牲にするという後ろめたさを感じることなく友人との時間を見つける方法の1つは、日中に1~2時間休みを取って友人とランチをするとか、仕事を終えて帰宅する前に友人に会うことである。

 有給を時間単位で取れるのなら、あるいは季節休暇を分割して取れるのなら、おすすめだ。1日休めば、ふだんはなかなか会えない友人と旧交を温める会合が4回できる計算だ。

 子どもがいるので、日常生活ではパートナーと会話するまとまった時間が取れない場合も、同様の方法が役に立つ。どちらか1人、または2人同時に、ちょっとだけ休みが取れる日を見つけ、話をするといい。1~2時間程度の休みなら仕事にはほとんど影響しないが、人間関係という点では非常に大きなメリットが期待できる。

 ●リモートワークでストレス軽減

 週に何日か、または週日すべて、リモートワークを選べる職場が少なくない。もしそれが可能で、自分の仕事のスタイルや内容に合っているなら、リモートワークを利用してみよう。

 リモートワークはマイクロ・バケーションではないが、バケーションのような感覚を得られる場合が多い(ただし、仕事はきっちりすること。トラブルになっては困る)。片道1時間以上かけて通勤している場合、上に述べたような個人的な用事や交際などに使える時間が2時間以上増えることにもなる。

 騒々しい職場や窓のないオフィス、または車で移動中にミーティングをすることが珍しくないような職場で働いている場合、リモートワークができると、ほっとできるだろう。そのうえ、仕事もはかどるはずだ。ストレスがかかるプロジェクトに取り組むときなどは、景色の美しい場所に行くことで心を落ち着かせることができる。

 私自身は、湖畔のようにいい景色のなかで仕事すると、バケーションのときの同じくらいいい気分を味わえる。周りの環境が、私の感覚に大きな影響を与えているのだ。

「バケーション」を年に1〜2回の大イベントとみなすのをやめて、マイクロ・バケーションを生活に定期的に採り入れることを考えてみよう。自分のための時間をつくることで余裕ができて、時間に追われていると感じなくなるはずだ。


HBR.ORG原文: How to Get the Most Out of a Day Off, May 25, 2018.

■こちらの記事もおすすめします
いつもと違う場所に旅をすることで、3つの成長の機会を得られる
休暇で心からリフレッシュして仕事に戻る4つの方法
オフの時間に仕事を上手に忘れる3つの方法

 

エリザベス・グレース・サンダーズ(Elizabeth Grace Saunders)
時間管理のコーチ。時間管理のコーチングとトレーニングを提供する、リアルライフEタイムコーチング・アンド・スピーキングの創設者。著書に、How to Invest Your Time Like MoneyDivine Time Management(以上、未訳)がある。より詳しく知りたい場合はwww.ScheduleMakeover.comを参照。