2007年9月号

CEOコンパクト 上司の期待と部下の期待の両立

「脱」官僚主義の行動規範

ラリー・ボシディ :前 ハネウェル・インターナショナル 会長兼CEO

ラリー・ボシディ

前 ハネウェル・インターナショナル 会長兼CEO

ゼネラル・エレクトリックではジャック・ウェルチの片腕として、またアライドシグナルとハネウェルではCEOを務めたラリー・ボシディは、何よりリーダー人材の育成に尽力してきた。その経験から、リーダー人材の行動モデルをまとめたものが、本稿で紹介する「CEOコンパクト」である。これは、「経営陣からの期待」と「部下からの期待」からなるが、実は、これら二つの期待は表裏一体であり、その本質は官僚主義の排除である。ボシディみずからの体験をひも解きながら、一六のリーダー行動について解説する。

ラリー・ボシディ前 ハネウェル・インターナショナル 会長兼CEO

PDF論文:11ページ[約1,654KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない