2018年8月号

“イノベーション中毒”を回避する3つの原則

やみくもな製品開発が経営資源を浪費する

マルティン・モーカー

マルティン・モーカー

ロイトリンゲン大学 ESBビジネススクール 教授

ジャンヌ W. ロス

ジャンヌ W. ロス

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 主任リサーチ・サイエンティスト

イノベーションは成長に不可欠である。ただし、イノベーションを追求するのが常に正しいとも限らない。有害無益のイノベーションに資源を浪費している企業も少なくないからだ。イノベーションに躍起になればなるほど、製品ポートフォリオもオペレーションも複雑化する。本稿では、イノベーションで害をなさないための3つの原則を紹介する。

マルティン・モーカーロイトリンゲン大学 ESBビジネススクール 教授

ジャンヌ W. ロスマサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 主任リサーチ・サイエンティスト

PDF論文:10ページ[約1,806KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない